au・ソフトバンクの機種変時の購入割引の罠

携帯3社で購入機器に応じて24ヶ月間一定額の料金の割引を行っているが、ドコモ以外は注意が必要。(2014年10月15日現在)

3社とも割引の適用開始は購入月の翌月からだが、機種変更時、ドコモは機種変更月の分まで割引が適用されるのに対して、auとソフトバンクはなんと機種変更をした月の前月分までしか適用されない。
つまり機種変更時、auとソフトバンクはドコモと比べて割引を1ヶ月分損することになる。

■ドコモの場合(月々サポート)

https://www.nttdocomo.co.jp/charge/discount/monthly_support/notice/

「新たな機種をご購入された場合:事象が発生した翌月以降のご利用料金より割引終了。」

■auの場合(毎月割)

http://www.au.kddi.com/mobile/charge/usage-fee-discount/maituki-wari/

「※割引対象期間中に機種変更(端末増設)・一時休止・解約や指定のデータ(パケット)定額サービス(一部料金プラン含む)から指定外のサービスへ変更または廃止された場合、変更お申し込み(プラン適用されなくなった月)の前月利用分をもって終了いたします。」

■ソフトバンクの場合(月月割)

http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/options/tsukidukiwari/

「なお、月月割適用期間中に機種変更/解約された場合、月月割の適用はこれらのお申し込みがなされた月の前月をもって終了いたしますので、ご注意ください。」

一ヶ月遅れて適用になるのに終了は一ヶ月前倒しって…納得できるはずがない。
auを使い続けて12年半になるが、来年こそはMNPかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です