コンピュータ棋士対名人

情報処理学会が将棋連盟に挑戦状 米長会長、「いい度胸」と受けて立つ

情報処理学会は、トッププロと戦えるコンピュータ将棋が完成したとし、日本将棋連盟に公開対局を望む挑戦状を手渡した。将棋連盟は「いい度胸をしていると」受けて立つ構えだ。

とのこと。

チェスより難しいと言われている将棋でコンピュータが人間に勝つレベルになったら、スカイネットに勝てるかも…

と思ったが、スカイネットより絶望的な状況になるということか?w

米国防総省がPS3を大量に購入している件

アメリカの国防総省では、なんとPS3を使ってスパコンを開発しているようだ。

※参照
米国防総省がPS3を2200台発注、スパコンをアップグレード

理由は以下引用の通り。

3.2GHzで動作するCellプロセッサ2台を配した1Uサーバは高いものだと1台8000ドル(約69万円弱)するが、Sony PS3なら2台で約600ドル(約5万2000円)だ。確かにSony PS3のコンフィギュレーションでは約150 GFLOP(ギガフロップス)で、一方の3.2 GHzのCellプロセッサは1台200 GFLOPS超もの情報を処理できるが、 GFLOP当たりのコストは10倍も違うので、HPC(ハイパフォーマンス・コンピューティング)用にはSony PS3が唯一購買可能なテクノロジーということになる。

我が家でもゲームとしてよりもメディアプレーヤーとしてPS3を使っているが、実際すばらしいコストパフォーマンスをみせてくれる。

今更ながらPS3は凄い。

とてもスパコン開発に1200億もの税金を使おうとした国で作られているとは思えない。

事業仕分けによるスパコン開発中止の件

中止でいいと思った。

というのは以下のブログ記事を読んだからなんだけど。

池田信夫 blog – 沈没した「スパコンの戦艦大和」
金融日記 – スーパーコンピュータと核兵器と私

どちらもスパコンの開発自体を否定しているわけではなく、開発当初からの流れや不明瞭な開発費用に疑問を呈している。極めて正論。