国民審査で能無し裁判官をクビにしよう!

来る8月30日の衆議院選挙の日には国民審査も行われる。
国民審査とは最高裁判所の長官及び裁判官を罷免するかどうかを審査する制度で、要は最高裁の裁判官をクビにするかどうかを国民の投票によって決めるものだ。

誰がどんな判決を下したかなんて普通の人はわからないので、ほとんどは良くわからずに無印で投票しているのではないだろうか。

しかし「衆議院選挙2009 国民審査 – Yahoo!みんなの政治」のページを見ると関与した主な裁判と内容が書かれているので、この機会にぜひチェックすることをおすすめする。

選挙に行かずに政治に文句を言うヤツは馬鹿

選挙に行かないということをさも偉そうに語る人がたまにいるけど、そういう人って頭が悪いんじゃないかな?

そういう人は口々に「どうせ選挙に行っても変わらない」とか「投票したい候補がいない」と言うのだが、現状の政治に不満があるのなら政権を持っている自民党や公明党以外の政党になぜ投票しないのだろう?

「現在の政治に抗議をするために白票にした」などと言うわけのわからない人もいる。
白票=0票なのであなたの抗議は確実に伝わらないから。
わざわざ投票所まで足を運ぶならもっと有意義なことをしようよ。

決して民主党が好きなわけじゃないが、現在の政治を変えたいので今回は民主党に投票する予定。
「民主党が政権を取ったら大変なことになる」という意見も確かにあるし、実際在日外国人への参政権付与なんかは決して賛成できないが、だからと言って自民党のままでは何も変わらない。

民主党がダメだったら次の選挙で別な党を選べば良いだけだから。

8月30日は衆議院議員総選挙の日だから必ず選挙に行こう!